第1章 総則

第一条(称号)

本会は九州産業大学付属九州高等学校と同窓会と称する。

第二条(事務局)

本会の事務局は九州産業大学付属九州高等学校内(福岡市東区香椎駅東2丁目22-1)に置く。また、必要な地に支部を置くことができる。

第三条(事業)

本会は、会員相互の親睦と母校の発展を達するために次記の事業を行う。
①会員名簿及び会報の発行・管理。
②母校各事業の後援。
③その他本会の目的を達するために必要な事項。

第四条(会員)

会員は次記の通りとする。
①正会員 卒業生
②特別会員 現職員及び旧職員

第2章 役員・参事・幹事

第五条(役員・参事・幹事)

本会は次の役職を置く。
①会長:1名
②副会長:福岡本部3名、各支部長3名
③会計監査:2名
④代表幹事:10期に1名
⑤幹事:各卒業年度5名まで、又は役員会が推薦した者
⑥参事:若干名
⑦顧問:若干名
⑧事務局長:1名

第六条(役員選出)

会長、副会長、会計監査は会員中から総会において選任する。
名誉会長は九州高等学校校長とする。顧問は会長経験者によって委嘱する。

第七条(任期)

本会役員の任期は2ヵ年とする。ただし重任は妨げない。

第八条(役員職務)

会長は会を統括し会を代表する。
副会長は会長を補佐し会長が不在の時はその代理をする。会計監査は本会運営・庶務・編集・其の他の業務を処理する。名誉会長及び顧問は役員幹事会へ出席し意見を述べ決議に加わることができる。

第九条(参事)

原則として副会長経験者より役員会の承認を持って選出される。
必要に応じて会長が召集し役員会に対して助言することができる。

第3章 会議

第十条(会議)

本会は次記の会議を置く

①総会

本会の最高議決機関であり、毎年6月に定期総会を開催する。
また、会長が必要と認めるときは臨時総会を召集することができる。
総会の議決は出席者の過半数で決定する。

②役員会

会長、副会長、事務局長で構成され本会の執行機関であり、会長が必要に応じて召集する。また事業計画等を決定承認する。
臨時総会を開催できない緊急事項は総会に代わり議決することができる。但し、次の総会で報告する義務を負う。
役員会の決議は出席者の過半数で決定する。

③代表幹事会

必要に応じて会長が召集し役員会に対して助言することができる。

④幹事会

会長が必要に応じて召集し、幹事で構成する。
幹事会は議事決定を受けて、各当該年度会員の意志をとりまとめる。

⑤各種委員会

会長が必要に応じて召集し、本会の事業を行う為、役員会のもとに設ける事ができる。

第4章 庶務 及び 会計

第十一条(会計)

本会の事務はこれを庶務会計に分かち、総会において事務報告するものとする。
会計年度は毎年4月1日より翌年3月31日迄の1年とする。

第十二条(収入)

本会の収入は会費及び寄付金(一口10,000円)とする。
会費は、同窓会入会費として高校入学時に10,000円、同窓会費として3年時に月割りで18,000円納入する。
在学中に納付した会費は卒業をもって終身会費とする。

第5章 補則

第十三条(新会員)

新会員の入会式は原則として2月下旬に行う。

第十四条(細則)

本会会務の処理に必要な細則は別に定める。

第十五条(会則改正)

本会会則の改正は総会においてこれを行い、出席者の3分の2の賛意を必要とする。

第十六条(会則規定)

この会則によりがたい時は、役員会において協議決定することができる。但し、重要な事項については総会に報告する。

第十七条(会則)

本会則は昭和45年10月14日から施行する。
平成28年6月26日一部改正施行する。
平成29年6月25日一部改正施行する。