同窓会長あいさつ

九州高校同窓会は昨年で五十周年を迎えました。
現在、正会員数三万名を超える堂々たる組織に発展しました。本部だけではなく、北九州支部、関東支部、関西支部など、大都市圏に置かれた支部の活動も活発に行われ、同窓会の縁に結ばれた人の輪がだんだん大きく広がっています。近年、親子で在席・卒業した方々が増えているのも大変喜ばしいことです。
右肩上がりの高度経済成長期を謳歌した昭和は遠く去り、平成も四半世紀を過ぎました。高齢化社会の到来による生産年齢人口の減少にともない、わが国にとって、全く予断の許されない厳しい時代が待ち受けています。
このような困難かつ先行き不透明な時代に、実社会において人と人のつながりの大切さを痛感させられることが少なくありません。同窓生であるということが、どれだけ人々の心に、互いに対する親近感と信頼感をもたらすことでしょう。
さて、多くの同窓生の皆様同様に、私にとって高校時代のもっとも印象深い思い出は修学旅行です。高校二年生の時、今からほぼ四十数年前、私は「第一回韓国修学旅行」に参加しました。その当時の行程は、下関からフェリーで釜山に渡り、高速道路で首都ソウルに上り、帰路は再び釜山に戻りフェリーに乗るというハードなものでした。まだ海外旅行が一般的ではない時代です。経験する全てのことが新鮮で興味深く、当時の高校生に国際社会に目を開く、大きなきっかけを与えてくれたものです。
四年前、修学旅行に同行し、「韓国修学旅行四十周年記念式典」に出席する機会に恵まれました。アジアで繁栄する両国の高校生たちが、歴史的つながりが深い、海を挟んだ隣国の文化と伝統を学び合う一方、未来志向の交流を深めるという点で、その意義が一層大きくなっていることをひしひしと感じました。創立者中村治四郎先生が熱く胸に抱いた、「国際的であれ」という教育理念は、ますます輝きを増しているのです。
これからも建学の精神「卓然自立」を様々な形で一つひとつ実現させながら、母校九州高校と同窓会が手を携えて、ますますの発展を遂げることを祈念して、ごあいさつとさせて頂きます。

平成29年3月吉日
同窓会会長 金山 秀行

 

同窓生の皆様へ

九州高校と共に歩み、設立から半世紀を経た同窓会。巣立った卒業生総数も三万人を超え、その人脈の厚みと広がりに、揺るぎない「九高ブランド・プライド」の高まりをひしひしと肌で感じさせられる今日この頃です。
九州高校は昭和三十九年に開校。平成二十五年に創立五十周年を迎えました。いうなれば本校は、創立者中村治四郎先生が五十余年前に植樹した「樹齢半世紀の木」です。様々な教育活動を積み重ねながら、歳月の経過と共に年輪を刻み、幹を徐々に太くし、大地にしっかりと根を張り巡らし、大空に向って枝を伸ばしてきました。この受け継がれた伝統の中で、すでに数多くの同窓生が多方面に枝を伸ばし、それぞれの道で立派に開花し、種々の果実を見事に実らせています。
さて、「創立百周年」に向かって折り返し点を通過した今、「樹齢半世紀の木」は、今後どのような木を目指し、成長していくべきでしょうか。
現在本校では、「文武両道」という学校特色を強め、部活動をさらに活性化するため、「全クラス部活動完全対応」という教育体制を導入。そして今年度、これまた設立五十周年を迎える旧デザイン科が「造形芸術科」と改称され、新たな一歩を踏み出します。これらによって、「文武両道」の概念を超えた普通科と「新・造形芸術科」の切磋琢磨と融合・進化を目指すことになります。どうか卒業生の皆様。これからも、常に新しい芽吹きが見られる九州高校という木を温かく見守り、時には叱咤激励し、その成長を支えて頂きたいと思います。
同窓会会員の皆様には、この「五十周年」を機として、相互の親睦と交流をいっそう深め、さらに強い絆を結んで頂くことを切に願っております。末筆になりましたが、今後の皆様の益々のご活躍とご発展を祈念して、ごあいさつとさせて頂きます。

平成29年3月吉日
校長 武田 壽一